ドイツ人の節約術

<% pageTitle %>

ドイツ人にとって節約は当たり前。貧乏でもリッチでもみんな節約をするんだとか・・・。

★プレゼントは高価なものではなく、心のこもったものを送る。

★見栄をはった結婚式はしない。

★家具は一生ものだと思ってじっくり選ぶ。

★レジャーは森の散歩道を散歩したり、サイクリングしたりする。

★ドイツ人は、非常に環境のことを考える。車とかバスを使うと空気が汚れるので、意識して自転車を使ったり、歩いたりする。

★ドイツの大学はすべて国立。塾も受験戦争もない。だから日本人みたいに高い授業料を払って塾にいく必要がない。

★友達に誘われても遊びに行きたくないときや、お小遣いが足りないときは行かない。

★化粧は薄化粧。ノーメークの人も多い。だから化粧代があまりかからない。

★ごみを増やさないため過剰包装はしない。

★男も女も割り勘。

★女性は働くのでダブルインカムの家庭が多い。女性が働く環境が整っており、育児休暇は法律で取得するように決められている。逆に、専業主婦は少なく、働かない女性は、学歴がないか、病気なのかと思われるそうだ。

★古いものを大切にする。
コーヒーカップの取ってがとれても陶器専門の修理やさんに持っていく。高価だけれでも気に入ったものを長く使う。

★買い物袋は必ず持参する。

★買い物はクッキーを一枚食べてから行く。
昔から「買い物に出かけるときは、クッキーとコーヒを口に入れてから出かけよう」という教えがあるそうです。お腹が空いているとどれもおいしそうに見えて余計に買ってしまうからです。

★カードより現金主義
カードを持つと、感覚が麻痺し、現金を持っているときよりも数倍ものお金を使ってしまうからです。

★お金のかからないおもてなし。
ホームパーティでよく人を招きますが、ごちそうに時間を費やすこともなく、ワインとちょっとしたワインとおしゃべりがごちそうです。

★ドイツでエステというとシワ取りのイメージがあり、50歳くらいのリッチなマダムの行くところ。

★ドイツ人の女性は「趣味はショッピング」という言葉はでてこない。ドイツでは、デパートは、夜6時半までに閉まって、土曜日はもっと早く閉まる。日曜日はどこも閉店。これは、土日は家族と過ごせるようにと法律で決められていているため。仕事を持つ女性たちは、仕事が終わった後は、お店も閉まっているので、お金を使うチャンスがない。だから、「ショッピングが趣味」とはなりえないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする