ダウンジャケット/コートを手洗い※クリーニング代の節約

ダウンコート手洗い

ダウンコートを失敗覚悟で自宅で洗ってみました。

食事に行った先で、ダウンコートをハンガーにかけましょうか?
と声をかけられ、「お願いします。」と手渡したところ、
ダウンコートの袖口やポケットの汚れに気づき、とても恥ずかしい思いをしました。

1年に1度はクリーニングに出しているのですが、
袖口やポケットの汚れにまでは気づきませんでした。

5年も着るダウンコートですから、もうそろそろ買い替え?
と思っていたのですが、手洗いして、“キレイになったら着る”、“失敗したら買い替える”と腹をくくり、
初めてのダウジャコートの手洗いを実践



役に立ったのが花王くらしのダウンジャケットの手洗いの動画です。
こちらの動画がとてもわかりやすかったので、
こちらの手順通りに洗ってみました。

まず、取り扱い表記を確認。

私のダウンコートは、手洗い不可・ドライマークになっていました。
ドライマークがついていたら洗えます。

洗剤は、おしゃれ着用を使用。
まず、汚れた袖口には、直接中性洗剤をスポンジに染み込ませ、袖口をたたくように汚れを落としていきます。

ダウンコート手洗い

洗剤は、おしゃれ着用を使用。

襟や袖口の汚れた部分を上にしてたたみます。

手洗いの手順

洗い→脱水(1分くらい)

すすぎ1回→脱水(1分くらい)

すすぎ2回目→脱水(1分くらい)

洗面所にぬるま湯をため、押すように優しく押し洗いします。
このとき、ダウンコートに空気が含まれているので、鎮めると自然に浮かんできます。
浮かんでくるコートを押し沈めるといった感じです。

脱水後は、日陰で自然乾燥します。

脱水後には、ふわふわのダウンジャケットがペタンコになってしまうので、「本当に大丈夫?」と心配になりましたが、
乾いたらふんわりと元通りになりました。

ダウンコート手洗い

しかも、洗濯前と見違えるようにキレイになり大満足!

ダウンコート手洗い

あと数年は、このダウンコートにお世話になれそうです。

ダウンコート手洗い

光の加減でちょっと右の写真が明るく見えますが、 見違えるように綺麗なりました。

ダウンジャケット/コートの干し方

干し方は、ハンガーにかけてほします。
シワなっている部分は、伸ばしてあげると乾いたときに気にならないくらいのシワになっていると思います。

ダウンジャケット/コートの手洗いのまとめ

  • 取り扱い表示のチェック
    やさしく押し洗い
    中までしっかり乾かす!

思ったより簡単にしかも、満足のいく仕上がりとなったので、
クリーニングに出すより手軽で安上がりなので、
これから手洗いをすることにしました。

でも、失敗することもあるかもしれないので、
買ったばかりのダウンコートや高級ブランドだとやっぱりクリーニングの方が安心だと思います。

冬物衣料は、宅配クリーニングのパック料金がお得。おすすめはここ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする