HOME >生命保険 >生命保険を比較して節約




||生命保険を安くするこつ||



その1 「掛け捨て保険」が安い!

死亡保険は、掛け捨ての定期保険で確保すると、必要な保障を低コストで備えることができます。生命保険は解約返戻金がある終身保険などよりも掛け捨ての定期保険のほうが、保険料が安くなります。

「低金利の時代には予定利率も低い」ので「貯蓄型の保険はあまりお勧めできない」というひとつの理由になっています。

掛け捨てで安いのは、オリックス生命の「ダイレクト生命保険」・アメリカンファミリーの「ガン保険」など。

例えば、オリックス生命の「ダイレクト生命保険」では、30歳・男性・2850円で1500万円の保証(H17.3.18現在)。


その2  医療保障は最低限でOK!

医療保障が最低限でいいという理由として、健康保険制度があるからです。
会社の健康保険組合でも、国民健康保険でも、1カ月に一定以上の医療費を支払った場合は、その額を超えた分の医療費を後で払い戻してくれる高額医療費の制度があります。ですからそれほど心配する必要は実はないのです。

ただし、差額ベット代など、高額医療費の対象にならないものもあります。入院の際は、「個室でないとイヤ」といった方などは、医療保障をかけておくといいでしょう。


その3 団体割引、一括払いを利用する

 生命保険の保険料は、払込方法や払込経路により安くすることができます。
たとえば、会社などの団体払い、集金より口座振替、月払いより年払い、一部一時払い(頭金制度)、短期間で払い終えることにより保険料を安くできます。

そういった意味では、ボーナス月などにあわせることにより、まとまったお金で保険料を支払えるように加入するのも一つの方法です。

また、インターネットでの申し込み予約をすることでキャッシュバックをうけることができる場合もあります。
なお、保険会社によって払込の取扱いに違いがありますのでご注意ください。


その4 通信販売を利用する

生命保険の加入方法にはさまざまですが通信販売での加入は対面販売に比べて保険料が安くなります。
これは
・生命保険を販売するための人件費
・医師の診査料を不要にした商品の販売
・保険の種類を基本的なものだけにして保険会社の管理を簡単にする

などの保険にかかる経費を削減することで、保険料を安くしているのです。

メリット 
 営業社員のセールストークに惑わされず、冷静な判断を持てるという利点もあります。

デメリット
 自分の判断で加入を決断していく必要があるため、保険についてよく勉強しておくことが重要です。




その5 日ごろから健康に気を使う

日ごろから健康に気を使っていることは実は保険料を安くする秘訣でもあります。「健康な人の保険料は安く」という割引があります。一定の保険会社の条件にあえば保険料が安くなります。
       

資料請求(無料)です。

保険スクエアbang!/生命保険 で比べてみてください。全会社の資料を請求する必要はなく、比べてみたい会社だけ資料請求(無料)できます。


相談実績毎年20,000件以上。無料保険相談実施中!ほけんの窓口
私も生命保険の無料相談を利用してみました。体験談はこちら


〜関連ページを紹介〜

 生命保険リストラで節約
  生命保険比較して節約 ←今ここ
 生命保険安くするこつ
 生命保険は共済が安い

↑このページのTOPへもどる