HOME外貨mm比較


外貨MMF

〜長い目でみればバーゲンセール〜
金融不安の影響で円が高くなっています。比較的安全な円に資金が流入しているためです。この円高のメリットを利用して、わざわざ海外でブランド品を購入する人もいます。それだけ得と感じる人が多くいるということは、この円高は異常だと思うのです。金融の世界において下げ過ぎた(上げ過ぎた)価格というのは元に戻るという性質があります。この円高のメリットを受けるるなら外貨投資がおすすめです。

 外貨MMF

外貨MMFのMMFとはマネー・マーケット・ファンドの略で外貨建ての債券を中心に組み入れた「投資信託」です。1千円など小口でに投資でき、為替差益については、非課税という点で人気があります。
そのほか、外貨MMFにメリットがたくさんあります。
 外貨預金よりも有利な利息と手数料
 いつでも引き出しができる
 積立をしてドルコスト平均法で効率的に投資できる
 今の円高のメリットを活かせる

デメリットは、買った通貨がさらに下がった場合など元本割れのリスクもあります。そこで、おすすめの投資法がドルコスト平均法です。これは、小口で投資できる外貨MMFだからこそできる投資法です。
ドルコスト平均法は、決まった金額で積立てることによって、高い時に少なく、安い時に多く買えるため、平均単価が安くなる効果があります。リスクを押さえつつ、効率的な運用ができるおすすめの投資法です。
外貨MMFをまとめると以下のようになります。

商品 MMF(マネーマーケットファンド)
購入方法 銀行、証券会社
商品種類 MMF(内外の公社債・短期金融商品)
取引時間 窓口が開いている時間。
(オンライン取引では長時間の取扱いも)
取扱い通貨 円ー外貨
米ドル、ユーロ、豪ドル、カナダドル、NZドルなど
為替レート 取引会社指定
預入金額 1千円以上1円単位から
1米ドルあたり
の片道手数料
ネット証券の相場は25銭。大手証券会社の場合1円。
為替差益を得る
チャンス
円安時のみ
為替差損が発生する場面 円高時のみ
金利 解約時
換金(解約) 購入翌日以降可能
リスク 為替リスク
収益 金利、為替差益
資産保全 顧客から預っている円資産を信託銀行に委託し、信託銀行にて分別管理されている


 外貨MMF手数料比較

片道分の手数料です。
単位
楽天証券 10通貨〜 0.25円 0.50円 0.70円 0.70円 0.80円 30円
マネックス証券 1万円〜 0.25円 0.50円 0.70円 - - -
SBI証券 10通貨〜 0.25円 - - - - -

外貨MMFのおすすめ証券会社はマネックス証券がおすすめです。
マネックス証券は、ネット証券の中で唯一外貨MMFの自動積立が可能です。



外貨定期預金相当の利回りと換金しやすさ、外貨預金よりも手数料が安いので外貨預金よりも魅力だと思いますが、外貨FX(外国為替証拠金取引)がさらにそのメリットを上回っています。
わたしも実際に使ってみて手数料の安さ、利便性にビックリしました。
外貨FXのページへ




▲このペーシのTOPに戻る
▲節約と運用のマネー研究所TOPに戻る