HOME国債(個人向け国債


個人向け国債

〜不況時に強い国債〜
安全性が高く、有利な商品と言えば、個人向け国債です。元本割れの心配がない国債は株価低迷の今、人気を集めています。国債や預貯金は守りの資産になります。
不況時に一番強いのは預貯金と国債です。


只今、楽天証券で個人向け国債3年対象に100万円ごとに2000円キャッシュバックキャンペーン
2010/10/27まで!


 個人向け国債とは?


国の運営に必要な資金調達するために必要な証券です。国が発行しているので信用度が高く、安全性も高い金融商品です。個人向け国債は変動10年と固定5年があります。



個人向け国債 変動10年 個人向け国債 固定5年
購入対象者等 個人に限定・募集価格は額面100円につき100円・最低額面金額は1万円
償還期限 10年 5年
償還金額 額面金額100円につき100円(中途換金時も同じ)
金利 変動金利[年2回(半年毎に)利払い] 固定金利[年2回(半年毎に)利払い]
金利水準

基準金利−0.80%

(基準金利は、利子計算期間開始時の前月に行われた10年固定利付国債の入札(初回の利子については募集期間開始直前に行われた入札)における平均落札利回り)

基準金利−0.05%

(基準金利は、募集期間開始日の2営業日前(10年固定利付国債入札日)において、市場実勢利回りを基に計算した期間5年の固定利付国債の想定利回り)

金利の下限 0.05%
中途換金 第2期利子支払日(発行から1年経過)後であれば、いつでも中途換金可能 第4期利子支払日(発行から2年経過)後であれば、いつでも中途換金可能
中途換金の特例 保有者がお亡くなりになった場合又は大規模な自然災害により被害を受けられた場合は、 上記各利子支払日前であっても中途換金することが可能
中途換金時の
換金金額
額面金額+経過利子相当額
  − 直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.8

額面金額+経過利子相当額
4回分の各利子(税引前)相当額×0.8


「個人向け国債 変動10年」と「個人向け国債 固定5年」では、金利のしくみが大きく異なります。
「個人向け国債 変動10年」はそのときどきの実勢金利を反映した変動金利制で半年ごとに適用金利がかわります。
、「個人向け国債 固定5年」は、固定金利制ですので、最初の適用金利が5年間かわりません。

  気軽に始められる

1万円から購入できます。

 中途換金も可能

個人向け国債は「変動10年」と「固定5年」の2つのタイプがあります。
どちらの場合も購入から一定期間(変動10年は1年間、固定5年は2年間)が経過すれば、額面1万円単位で中途換金が可能です。

  個人向け国債募集時期

募集は毎年3月6月9月12月にあります。
個人向け国債 3年は、毎月募集。


国債が購入できる取り扱いネット証券
SBI証券 大手ネット証券人気ナンバー1。株取引手数料は最安値水準。国債はもちろん、、投資信託、海外ETFが充実しています。
マネックス証券 国債はもちろん、3ヶ月1%のマネックス債などが人気!マネックス債は定期的に発行していますが、人気なためすぐ完売になります。興味のある方はおはやめに。



 


▲このペーシのTOPに戻る
▲節約と運用のマネー研究所TOPに戻る