大和証券のオンライントレードの口コミ!メリット・デメリットを検証

大和証券のオンライントレードの口コミ!メリット・デメリットを検証

大和証券は、日本を代表する最大大手の証券会社です。
投資情報に関しても、最高レベルの証券会社です。

大和証券の手数料はやや高めでもそれ以外のメリットがたくさん!

大和証券のような大手の総合証券会社の取引手数料は他のネット証券と比べると

やや高めです。信用取引においては、業界最安値水準です。


また、大和証券の店頭取引の場合、さらに手数料が高くなりますので、大和証券を利用する場合は、インターネット専用の「ダイワ・ダイレクトコース」がおすすめです。

約定代金 大和証券

(ダイワ・ダイレクトコース)

SBI証券 楽天証券
10万円 1050円 145円 145円
20万円 194円 194円
50万円  1811円 358円 358円
100万円 3622円 639円 639円
300万円 9166円 1209円 1209円



■定額コース
また、大和証券は、一日定額の「ハッスルコース」があります。
「ハッスルコース」は、何度取引しても、約定代金が300万円以下なら、
1日3,150円
しか手数料がかかりません。
取引回数が多い方やデイトレーダーにおすすめの証券会社です。

 


業界最安値水準の株式委託手数料ダイワ信用取引サービスの魅力


約定代金50万円以下で手数料150円(税込) 

約定代金50万円超で手数料300円(税込)

と、手数料が安いといわれるSBI証券や楽天証券よりも安い設定になっています。

業界最低水準の買方金利は、(制度信用・一般信用)ともに2.40%

こちらも有利な金利となっています。

一般的に制度信用は、2.80%~3.00%一般信用は、3.50%が相場ということを

考えると、大和証券の信用取引は、かなり魅力的な条件です。


無期限信用取引売建銘柄数は、854銘柄と業界最多の取り扱いです。

(平成22年7月1日現在)


大和証券は、情報充実!日経新聞が無料で読める!

年間約5万円の新聞代節約に!


大和証券は、日経新聞の朝・夕刊が読める日経テレコン21のサービスを完全無料で利用することができます。

日経テレコン21は、通常月額8400円の利用料がかかりますが、大和証券の口座を持つだけで、このサービスを無料で利用できます。



単身赴任や一人暮らしで新聞代を節約したい方には、ぜひ利用したいサービスです。
情報収集だけなら、口座維持手数料はかかりません

また、大和総研・大和証券のアナリストの無料レポートが読めるなど、
大和証券ならではのサービスが充実しています。

■ 四季報が無料で読めます。


年4回発行される四季報。株式投資をされる方なら必須ツールといってもいい四季報

を大和証券で無料でみれます。 1冊1850円ですので、年間7400円の節約になります。

「会社四季報」の誌面に記載される各企業の情報が、インターネット上でみれます。

四季報発売日より前に四季報掲載予定の東洋経済予想(四季報速報)も配信されています。



■くりっく365やダイワFX(店頭取引)で外貨の資産運用にも!


大和証券は、FX取引の手数料が安いです。

通常のネット証券の場合、くりっく365においてFX取引手数料は1枚あたり210円が相場ですが、大和証券は通常手数料で1枚あたり100円(税込)と格安です。


只今、大和証券における「くりっく365」キャンペーン実施中です!

2011年2月25日までにダイワ365FXの口座を開設すると、100枚までのFX取引が手数料無料となるキャンペーンを実施しています。


また、店頭取引のダイワFXは、最小単位1000通貨、レバレッジ1倍取引、手数料無料で可能です。1000通貨取引が可能なFX会社は、数少なく、その中でも信頼できるFX会社

という意味でも大和証券のダイワFXは、選択肢の中に入れておきたい存在です。



■大和証券の貴重な情報源!アナリスト情報が無料


◆大和証券アナリスト情報

大和証券投資情報部が作成するレポートや

主要株式指標、当日注目経済指標・新規公開・大和総研レーティング情報、注目セクター、話題の商品・サービス、株式市場動向や銘柄ランキング、国内外の個別銘柄情報などを掲載しています。


◆大和証券グループアナリスト情報

大和証券グループリサーチ部門が作成する国内マーケット、海外マーケットに関するレポート及びエコノミストレポート、ランキング、を表示します。

新着レポート、国内、海外、エコノミスト情報、レポートのランキング


◆大好評の「ダイワのネット図書館」(条件あり)

業界トップクラスの大和証券グループアナリスト、エコノミストによる、最新のリサーチ・レポートが即日参照できるなど、クオリティの高い情報をタイムリーに発信しています。お預け評価額1000万円以上という条件があるものの、ダイワのネット図書館は大人気です。




■大手証券会社の安心感


大和証券は日本国内で2番目に大きい証券会社です

(一番大きい証券会社は野村證券です)。

最近は、「大企業であれば大丈夫」とは言い切れませんが、

自分の大切な資金を証券会社に預けるのですから、

大手の中でも財務状況がしっかりしている会社の方が安心ですね。



■大和証券の口座維持費を無料にするには


通常かかる口座維持手数料年間3150円ですが、eメンバーサービスというサービスに登録すると口座管理料も無料となります。さらに、eメンバーサービスに登録すると口座入金・出金手数料も無料になります。

eメンバーサービスとは、取引残高報告書や取引報告書を郵便の替わりに電子交付で行うサービスのことをいいます。次々に送られてくる書類を整理できずにお困りの方も

eメンバーサービスを利用すれば、インターネット上で簡単に書類の確認・管理できるので、書類整理のわずらわしさから解放されて便利です。



頻繁に送付される書類を整理する手間が省けるので、eメンバーサービスは便利です。

eメンバーサービスは登録も利用も無料で、登録もカンタン!

口座開設後、ログイン後の画面から、eメンバーサービスにすぐ登録ができます。