HOME生命保険の節約 こども保険加入のポイント


こども保険の加入ポイント

〜こども保険の特徴〜
こども保険は、主に教育資金作りのための保険です。子供が一定の年齢に達したときに、満期金が受け取れます。また、契約者である親が死亡すると、その後の保険料の支払いが免除されるという特徴もあります。
こども保険の名称は、こども保険、学資保険、教育保険などさまざまです。

こども保険のメリット

こども保険のメリットは2つあります。
こども保険は加入すれば、約束された保険金額を確実に受け取ることができる
半ば強制的に教育資金が準備できる

子供のために頑張って教育費を日々の収入から確保したい!と思っていても、ついつい預貯金に手をつけてしまう、計画的に貯めるのは苦手という方もいると思います。そういった方は利用する価値があると思います。

こども保険のデメリット

デメリットとしては、予定利率が低いこと。予定利率が高い時代は、「子供が生まれたらこども保険に入る」ということが自然と受け入れられていましたが、現在のように低金利で予定利率が低い場合、保険料は高くなり、利殖性は低くなります。
保険は加入した時点で、保険料と将来受け取る金額が決まってしまいます。ですので、長い期間にわたって低い予定利率を約束してしまうことになります。


じゃあ、こども保険は魅力がないの?

こども保険の利殖性に関しては現在の予定利率では、元本+プラスαで受け取れる金額は期待できません。でも、契約者例えば、家計を支える大黒柱の人が死亡した場合、その後の保険料が免除され、保障が継続されるといった保険の機能があります
そういった面に着目すると、万が一のときに子供の教育費用の助けになるという考え方もできます

母子家庭になったときのリスクに備える

東京都報道発表資料 [2005年4月掲載]が発表している世帯の年間収入の状況です。
両親世帯の年収が400万〜600万円が一番多いのに対し、母子世帯では200万〜400万円がピークになっています。200万円以下の母子家庭の割合も多く、家計的に厳しい状況がうかがえます。



また、母子家庭が現在困っていることの内容として、家計につぎ、子供の教育、進路、就職が高くなっています。

      現在困っていることの内容



夫が死亡したら、家計は厳しくなるケースが多いようです。子供の進学を諦めなければならないこともあるかもしれません。でも、こども保険は契約者の死亡後に保険料は免除され、保障は継続されますので教育費の助けになります。このメリットは大きいと思います。もちろん、十分な蓄えがある方には必要がないと思いますが、将来母子家庭になったときに子供の教育費に不安を感じる方はこども保険を検討する価値があると思います。
  

かわいいこどもの保険 資料請求NO1 アフラックのかわいいこどもの保険
アフラックのかわいいこどもの保険は、まとまったお金が必要になる高校入学時と大学入学時に祝い金が受け取れる学資保険です。また、契約者に万が一のことがあったら、以降の保険料の払い込みは免除され、祝い金はそのまま受け取れるのがポイントです。さらに貯蓄性があるところも支持されています。



保険市場は気になる保険を一括比較できて便利です。





▲このペーシのTOPに戻る
▲節約と運用のマネー研究所TOPに戻る