解約の方法


■解約に必要な書類 (会社によって違います)
  • 保険証券
  • 契約時の印鑑もしくは、印鑑証明とその印鑑
  • 口座指定用紙(会社指定)


1 十分検討してから解約する


一度解約してしまうと、元には戻せませんのでその点注意をしてください。

2 急ぐ場合は本店、支店の窓口で手続きを

 解約申し込み専用の書類に自分で署名・捺印のうえ保険会社に提出し、それが受理されてはじめて手続きが完了します。解約を申し込んでも営業担当者が自身の営業成績に響くことにこだわって書類の手続きをなかなか進めてくれないといった話も最近、耳にします。急ぐ場合は直接保険会社の本店や支店の窓口に出向いて、手続きを済ませることが確実な方法です。

3 切り替えの場合は次の保険が成立してから解約を

診査や告知で問題があり、新しい保険に加入できないこともあります。 また、申し込みや告知が済んでいても初回保険料の払い込みと保険会社の引き受けの承諾がなくては保障は開始されません。古い契約を継続し無保険状態をなくしましょう。(通信販売の場合初回保険料は口座引き落としではなく振込にすることをおすすめします。)

※責任開始日: 保障がスタートする日。
  下記の(1)から(4)のすべて済んだ日
  (1) 申し込み
  (2) 告知または診査
  (3) 初回保険料の支払い
  (4) 保険会社の引き受けの承諾




まずは資料請求(無料)だけでも参考になると思いますよ。

*無料でぴったりの保険探し インズウェブの生命保険一括資料請求

【無料】最大13社の生命保険を一括パンフレット請求!