HOME生命保険の節約 医療保険加入のポイント


医療保険の加入ポイント

医療保険は、病気やケガで入院したり手術を受けたりしたときに備える保険です。
医療保険に加入すると入院給付金、死亡すれば、死亡給付金を受け取ることができます。
医療保険を利用する目的は、公的保障と自分の貯蓄で補完できない部分を保障してもらうために加入します。また、数日の入院で家計が危うくなるわけでないので、長期の入院に備えるために加入します。

医療保険のチェックポイント


1、支払い限度日数
支払い限度日数によって保険料が変わってきます。支払い限度日数は、60日、120日、180日、360日、730日、1000日などがあります。支払い限度日数が長いほど、保険料も高くなります。

では、どのくらいの日数の設定がいいのでしょうか。下記の表は、平均入院日数をグラフで表したものです。高齢者ほど長くなっています。平均的にみても、支払い限度日数60日の保障で十分ではないでしょうか。


出所 平成17年患者調査(厚生労働省)

2、入院1日あたりの自己負担費用

入院1日あたりの自己負担は、平成16年度生活保障に関する調査【生命保険文化センター)によると、平均14,700円かかっています。

ただ、高額療養費制度というものがあります。高額療養費制度は、1ヶ月の医療費負担に上限が設けられていて、自己負担の上限額を超える分の医療費は払い戻されます。
例えば、、1ヶ月30万円の医療費がかかった場合、高額療養費制度の申請をすれば、80430円で済むという計算になります。


 1ヶ月30万円の医療費がかかっても高額療養費制度により、
 実際の支払い額は8,0430円に



         出所 平成16年度生活保障に関する調査【生命保険文化センター)

高額療養費制度で、1ヶ月に負担しなければならない医療費はある程度限定されています。ここで注意をして欲しいのは、高額療養費制度の対象外になる部分です。

こんな費用は自己負担!
・希望して個室に入院した場合の差額ベット代
・入院中の食事代自己負担分
・一部先進医療の技術料など

上記の費用は自己負担となってしまいます。このように公的制度で不足する部分は、貯蓄や保険で備えておくと安心です。
 
 
SBIアクサ生命 誕生!業界最低水準手数料
日本発のインターネット専業の生命保険会社です。インターネットで簡単に手続きができ、安いのが特徴です。 
   30歳 男性の一例
   カチッと死亡保険  月々765円
   カチッと医療保険  月々800円
   カチッと収入保障  月々1100円

資料請求は、日本最大級の保険比較サイト-保険市場でできます。

   
  
 


▲このペーシのTOPに戻る
▲節約と運用のマネー研究所TOPに戻る