HOME生命保険の節約 特約


特約

特約というのは、あくまで主契約をしたうえで付加するのもで、基本になる生命保険なしの特約だけの加入はできません

主な特約の種類
定期保険特約
 保険期間中の死亡を保障。一定年齢までは、満期を迎える度に健康状態にかかわらず更新できる。


収入(生活)保障特約
 死亡以降、契約時に定めた満期まで年金式に保険がでる。受け取り年数が一定期間のもの



三大(特定)疾病保障特約
三大疾病保障保険は、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)を対象とした保険です。これら三大疾病となり保険会社の定める保険金支払い条件にあてはまれば、保険金が支払われます。また三大疾病にによる保険金が支払われないまま死亡したり高度障害になった場合には保険金が支払われます。

つまり死亡のときに保険金が支払われるのは当然として、それ以外にも三大疾病で一定の条件となれば保険金が支払われる保険です。



リビングニーズ特約
 医師に余命6ケ月と診断された場合、死亡保険金額の一部または全部がでる。保険料は無料。


災害割増特約
 不慮の事故なので死亡の場合、主契約の死亡保険金に上乗せ分を加えた災害死亡保険金がでる。



傷害特約
 不慮の事項で所定の傷害状態になった場合、傷害の状況に応じて傷害給付金が出る。


災害入院特約
 不慮の事故によるケガなどで入院した場合、入院日数に応じて入院給付金がでる。


疾病入院特約
 病気で入院した場合、入院日数に応じて入院給付金がでる。



ガン入院特約
 所定のガンで入院した場合、入院日数に応じて入院給付金が出る。


女性疾病入院特約
 子宮筋腫など女性特有の病気で入院した場合、入院日数に応じて入院給付金がでる。


通院特約
 入院給付金の支払い対象になる入院をした人を対象に、退院後の通院に通院給付金が出る。


介護特約
 寝たきりや痴呆により所定の要介護状態となり、それが一定期間続くと一時金や年金がでる。




▲このペーシのTOPに戻る
▲節約と運用のマネー研究所TOPに戻る