HOME生命保険の節約 安全な保険会社を選ぶ



安全な保険会社を選ぶ

保険に入るまえにしっかり調べておきたいのが格付けソルベンシー・マージン比率。これらは、保険会社の体力チェックの目安になります。


その1 格付けの基準
格付けは、企業や金融会社の債務の安全性を評価し、ランク付けしたものですこの格付けを行う会社としては、アメリカのスタンダード&プアーズが有名。格付けは、最上級のAAAから最下位のCまでの9段階に分けられます
AAA
AA
A
BBB
BB
B
CCC
CC
C
高い(評価がよい)

低い(評価が悪い)


H19年4月時点のスタンダード&プアーズの格付けです。
少なくとも格付けランクがA以上の保険会社を選んで欲しいです。
保険会社 S&P格付け
マニュライフ生命 AA+
三井住友海上きらめき生命 AA
東京海上日動あんしん生命 AA
アクサ生命 AA
プルデンシャル生命 AA-
アメリカンファミリー生命 AA-
損保ジャパンひまわり生命 AA-
ジブラルタ生命 AA-
日本生命 AA-
AIGエジソン生命 A+
ソニー生命 A+
アイエヌジー生命 A+
大同生命 A
第一生命 A
太陽生命 A
オリックス生命 A-
明治安田生命 A-
富国生命 A-
住友生命 BBB+
三井生命 BBB-
朝日生命 BB
損保ジャパンDIY生命 ---
チューリッヒ生命 ---


その2 ソルベンシー・マージンをみる
ソルベンシー・マージンとは、「支払余力」という意味です
生命保険会社は、将来の保険金などの支払いに備えて責任準備金を積み立てているので、通常予想できる範囲のリスクについては十分対応できます。しかし、環境の変化などによって予想もしない出来事が起こる場合があります。例えば、大災害や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つがソルベンシー・マージン比率です。

ソルベンシー・マージン比率は、1000%が理想ですが、500%、600%あれば十分と考えられています。


まずは資料請求(無料)だけでも参考になると思いますよ。

*無料でぴったりの保険探し インズウェブの生命保険一括資料請求

【無料】最大13社の生命保険を一括パンフレット請求!




▲このペーシのTOPに戻る
▲節約と運用のマネー研究所TOPに戻る