HOME激安家電


激安家電で節約〜エコポイントを活用しよう!〜

〜エコポイントとは〜

特定の省エネ家電製品を購入すると、様々な商品・サービスと交換可能なエコポイントが付与されます。

対象は「統一省エネラベル」4つ星相当以上のエアコン、地デジ放送対応テレビ、冷蔵庫の3種類が対象になっています。還元されるポイントは消費電力や製品の大きさによってそれぞれ定められています。さらに今まで使っていた製品をリサイクルする場合はリサイクルポイントが加算されます。 おいしいですね。
ちなみに点数は次のようになります。1点=1円

エアコン
3.6w以上     9000点
2.8w 2.5w    7000点
2.2kw       6000点
リサイクルの場合 さらに3000点 

冷蔵庫
501リットル以上   10000点
401−500リットル  9000点
251−400リットル  6000点
250リットル以下   3000点
リサイクルの場合さらに 5000点

テレビ
46V以上      36000点
42V 40V     23000点
37V         17000点
32V 26V      12000点
26V未満       7000点
リサイクルの場合さらに 3000点

〜エコポイント付与と商品・サービスとの交換の手続きに必要なもの〜


「購入日、購入店がわかる保証書」
「購入日、購入店、購入製品、購入者名がわかる領収書」
「家電リサイクル券の排出者控え」
 受領・保管を忘れないようにしましょう。

お近くに安い電器店が無い!買いに行く時間がない!という方にはネットがおすすめです。大手電器店の商品がネットで買えます。お店を1件、1件見て回るより、家電のネットショップで価格を比較するとラクでいいですよ。もちろんエコポイントにも対応!

〜さらにお得な裏ワザ〜

ゲットマネーというポイントサイトを経由して、お買い物をすると実質1〜2%のキャシュバック資料請求、口座開設などのアクションで5000円相当のポイントがらえます。ゲットマネーだけは、私も愛用しています。ゲットマネーには、ケーズ電器コジマなど大手電器店や楽天などが提携しています。
例えば、10万円の冷蔵庫をゲットマネーのサイトを経由して、コジマや楽天でお買い物した場合、10万×1%=1000ポイントで1000円分のポイントがもらえます。
電器などは大きな買い物なので、最後まで賢くポイントをもらっちゃいましょう。
ゲットマネーの詳細はこちらです。



 ビックカメラ.com
内容 家電、AV、パソコン、デジカメ、ビデオカメラ、ゲーム、時計ブランド、 CD・DVDなど
対応地区 一部の地域を除き全国
送料 1回のお届け1万円未満525円
1回のお届け1万円以上で送料無料
専門店の品揃えビックカメラのネットショップです。
ネットでも最大20%のポイントが付きます。


ケーズデンキオンラインショップ
内容 家電、AV、パソコン、デジカメ、ビデオカメラ 本雑誌DVDなど
対応地区 一部の地域を除き全国
送料 1回のお届け1万円未満525円
1回のお届け1万円以上で送料無料
ドリフターズがCMで「新製品が安い、ケース電気♪」と歌っているいますね。
CM通り、新製品はチェックする価値あるのではないでしょうか。


ヤマダ電機
内容 家電、AV、パソコン、デジカメ、ビデオカメラ 本雑誌DVDなど
対応地区 一部の地域を除き全国
送料 1回のお届け1万円未満525円
1回のお届け1万円以上で送料無料

日本最大の家電大型量販チェーン店のヤマダ電機のオンラインショップです。商品点数23万点の豊富な品揃えとポイント還元で人気が高く、人気の商品も盛りだくさん!私もよく利用しています。
エアコンを2台購入しました。安かったですよ。今年の夏はおかげで乗り切れそうです。

ジャパネットたかた
内容 家電、AV、パソコン、デジカメ、ビデオカメラ 時計、電子辞書、テレビなど
対応地区 一部の地域を除き全国
送料 商品によって送料価格が異なります
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
毎朝テレビで放送されています。見るだびに「安い!!」と思ってしまいます。薄型テレビやミシンなど安かったですよ。セット価格が他の追随を許さないくらい安いですね。
分割金利、手数料無料もジャパネットたたのよさです。購入後の丁寧なサポートも支持される理由のようです。

無料カタログも請求できますよ。





じもゆの最近の家電購入と感想をブログ紹介します。
2009年3月 東芝紙パック掃除機
2008年8月 ナショナル食器洗い乾燥機 
2008年8月 象印炊飯器 
2008年5月 エアコン
2008年6月 除湿機
2008年6月 デジカメ





▲このペーシのTOPに戻る
▲節約と運用のマネー研究所TOPに戻る