HOME外貨預金比較
 運用コンテンツ
お金持ちの法則
株式投資
投資信託
ETF(上場投信)
金投資
国債
コモディティー
ミニ先物
外貨投資
国別投資法
ネットバンク活用術
 節約術
ライフプラン
生命保険の節約
住宅ローンの節約
レジャー費の節約
海外の節約術
衣類の節約
本・DVD・雑誌の節約
リサイクルで節約
激安家電
食の節約
お得コスメ


外貨預金を比較

外貨投資は、日本円をドルやユーロなどの外貨に換えて運用するのものです。円預金の金利が低迷する中、外貨預金や外貨FX(外為証拠金取引)の人気が高まっています。これは、円預金に比べて高金利なのと(今は一部の通貨だけが高金利ですが)為替差益が狙えるためです。外貨預金は取引単位が1通貨単位と小口での取り引きが可能な点がメリットですね。外貨預金は銀行によって手数料が大きく違いますのでぜひ比較して利用する金融機関を選んでくださいね。


 外貨預金の特徴

特徴 外貨で預ける普通預金、定期預金 金利 預金金利
取扱機関 主に銀行 儲け方 円の高いときに買って、安いときに売る
為替手数料 1ドルにつき往復2円が相場 メリット 為替差益と金利の利益の両方が受け取れる。
取引時間 銀行の営業時間 デメリット ・為替手数料が高い 
・外貨定期だとすぐに解約ができない
レバレッジ なし

 外貨預金比較の手数料比較
■外貨預金の手数料は銀行によって違う
注意したいのは、円と外貨を交換するときにかかる為替レートの差です。つまりこれが手数料になります。外貨預金を交換する際、円から外貨に替えるレート(TTS)と外貨から円に替えるレート(TTB)は異なります。銀行によっては、 イーバンク銀行 住信SBIネット銀行のような ネットバンクの登場で、いままで片道手数料が1円〜2円が当たり前でしたが、ネットバンクの登場で、0.15円とお得に投資できるようになりました。
イーバンク銀行 0.15 0.15 0.45 045 0.45 - - - 0.20
ソニーバンク 0.25 0.25 0.50 0.50 0.50 0.50 - 0.10 -
住信SBIネット銀行 0.20 0.20 0.50 0.50 0.50 0.50 0.50 0.10 -
東京三菱BK 2 2.5 8 7.70 6.70 - 0.9 - -
三井住友BK 1 1.4 4 2.5 2.55 0.9 - -
みずほBK 1 1.5 4 2.5 2.55 0.9 - -
【2009年2月】
■TTBとTTSの差額以上の円安にならないと得にならない
TTBとTTSの差額分以上の円安にならないと元本割れすることになるので注意です。


 外貨預金を投資するポイント

預入れ時よりも円安の時に円に戻す
外貨預金は、為替のタイミングを計るのが重要なポイントとなります。
年利1%で計算すると(1万ドルを1ドル=120円で預けた場合)、1年後1ドル=130円の円安であれば、税引き後1,310,400円の受け取りになります。そのうち為替差益は10万円です。

 一方、1ドル=120円の円高になってしまったときの受け取り金額は、税引き後1,108,800円になり、10万円の為替差損となってしまいます。

 とは言え、円高になっても外貨のまま持っている分には、為替差損は表面化しません。じっくり高金利を享受しながら円安になるのをじっくり待つもいいでしょう。


    


 おすすめ外貨預金の取引ができるネットバンク
手数料に関しては、ネットバンクが断然有利です。
1位
住信SBIネット銀行 取引単位 外貨普通1通貨 外貨定定期1通貨

・24時間365日取引可能(システムメンテナンス時間など除く)
・リアルタイムに更新する為替レートをもとに取引可能
・有利な為替コストと金利
・8通貨15ペアの取引が可能
・指値・複合指値注文が手数料0円で取引可能
・様々な分析が可能な多機能チャート
など、外貨預金取引でここまで充実していば十分だと思います。
そのほか、他行振込手数料が3回無料などメリットがあっておすすめ。
2位 楽天銀行 取引単位 外貨普通1通貨  外貨定期10通貨

イーバンクで外貨預金を利用しましたが、外貨預金に関しては画面が使いづらいとい印象を受けました。あまりその点が気にならないという方は、一番手数料が安いのでおすすめです。またイーバンクのメリットは、イーバンク同士の振込が無料になることや、ネット証券やFX会社で即時入金を無料で利用できるという点でおすすめです。
3位 ソニーバンク 取引単位 外貨普通1通貨  外貨定期は10万円

ソニーバンクの外貨預金を利用していましたが、為替手数料は安いのですが、複数回買うと、いくらの価格でで買ったのか、損益は?という管理面で正直使いづらいという印象がります。

今は外貨FXを利用して管理しています。外貨FXは手数料がさらに安く、買値と売り値の差は米ドル0.02円です。ソニーバンクと比較して10分の1以下になります。

SBI証券 FX
では、外貨預金機能があって、レバレッジ1倍でロスカットなし1000通貨単位利用でき、管理もしやすく、情報提供も豊富でおすすめです。

■外貨投資おすすめ金融機関


外貨預金するなら外貨FX会社はいかがですか?
おすすめ理由は、取引にかかるコストが断然安いからです。
買値と売値の差が小さいのが魅力です。
買値と売値の差が通常米ドルの一般的な手数料相場は、外貨預金なら1円、外貨MMFでも25銭〜、外貨FX(外為証拠金取引)であれば、1銭〜です。

仮にドルを1万通貨取引するとしたら、
外貨預金 10000円
外貨MMR 2500円
外貨FX  100円

1回の取引でこれだけ見えない手数料を払っていることになります。

外貨FXは取引手数料が無料のところもたくさんあります。
ですから、「外貨預金で取引がしたい」ということであれば、外貨FX(外為証拠金取引)でレバレッジ1倍でと取引すれば、取引コストを節約しながら外貨預金や外貨MMFと同じよな効果を獲られます。

私がオススメする初心者おすすめ外貨FX会社はこちら


〜関連ページの紹介〜
 外貨MMFとは
 
外貨預金・外貨MMF・外貨FXを比較
 
■ 外貨FXってどうやって儲ける?
  外貨FXを始めるのに必要なもの
  初心者おすすめ外貨FX会社
 外貨FXの通貨ペアの選び方
  ■ 外為どっとコムFX業界4年連続NO1です
  FXプライム    (管理人のおすすめNO1)
  SBI証券のSBI FXα 1000通貨 外貨預金感覚でFXが可能です。
▲このペーシのTOPに戻る
▲節約と運用のマネー研究所TOPに戻る