海外投資はETF&インデックス投信

海外投資はETF&インデックス投信

日本の経済成長は、1〜2%ですが、世界全体は、4%程度の経済成長、新興国では8%の経済成長を続けています。株価は、やはり経済成長が高いほうが全体として上がりやすいと考えられるので、長い目で見れば世界全体のほうが魅力的な市場といえます。

 

とはいえ、海外の情報を手に入れるのは難しく、情報も少ないですね。一方、投資の商品は無数にあり、どれを選べばいいのか悩ましいとこです。初心者はできるだけシンプルでわかりやすく、そして手数料が安いものがいいですよね。

 

そこでおすすめなのは、インデックス(指数)に連動したものがオススメです。
その理由は

 

わかりやすい。

インデックス(指数)とは各国の「日経平均」のようなものです。世界にはいろんなインデックス(指数)が存在します。
指数は新聞などにもよく出ているのでなじみやすく、わかりやすい。

 

安定運用が可能

例えば「日経平均」であれば、日本の上場企業の225社の株価を平均したもの。つまり、あらゆる企業、業者を分散して投資することが可能なわけです。「市場平均」を買うため、変動が少なくゆるやかに動きます。
このようなインデックス(指数)が国別、新興国別、先進国別、業種別に存在します。

 

保有コストが安い。

また、投資信託や株を購入する際に、手数料が高いのはマイナス要因。ETFやインデックスファンド(投信)は、かなり手数料が安いです。
ETFや投信には「信託報酬」という保有コストがかかります。販売手数料は購入時に1度ですが、これは毎年かかるものです。なぜインデックス型の投信やETFの信託報酬が安いのかというと、運用会社が指数と同じだけ銘柄を買えばいいので、運用会社の負担が少ないからです。

 

 

 

 

インデックス投資法は2通り

 

 

インデックス投資法は2つあります。
1、ETF(証券取引所に上場している投資信託)
2、インデックスファンドの投資信託

 

売買の方法や手数料が異なりますが、どちらもインデックス(指数)に連動しています。

 

ということで我が家の海外への投資はほとんどETFとインデックスファンド(投信)です。

 

 

国際分散投資にイチオシの投信  pick up !

セゾン投信のグローバル・バンカード・グローバルバランスファンド

 

● 国際分散投資
このファンド1本で世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資。
● 低コスト
同種のファンドの中で最低水準の手数料率です。
● インデックスファンドを8本組み入れています。

 

セゾン投信より資料請求ができます。(動画解説もあります。)

 

 

 

 

海外投資はETF&インデックス投信関連ページ

ETF(上場投信)とは
カブドットコム証券でフリーETF 手数料無料